変えないキャッシング

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 空き家は建て替えやリフォームを行って自分で住もう!

空き家は建て替えやリフォームを行って自分で住もう!

空き家は、1度誰も住まなくなってしまうと空き家の状態が長期に渡って続いてしまう事があります。

空き家に住む予定が無いのであれば、思いきって建て替えを検討してみませんか。

親の空き家がある場合は、その子供が建て替えでそこに住む等、代々で同じ場所に住み続ける事が素晴らしい事です。

昔は同じ場所に子が引き継いで住んでいくのが当たりまえでしたが、古い建物には住みたくないのか空き家にしてしまうケースが増えています。

思い切って建て替えやリフォームを行って、その場所に住んでみませんか。

空き家を建て替えやリフォームを行うポイント

空き家を建て替えやリフォームを行う際に気にしてほしいポイントを、まとめてみました。※参考資料: 千葉でのリフォーム会社選び

今ある空き家よりも敷地境界線から離して建てなければいけない事がある

古い建物が建った時と今とでは、その場所の用途地域が変わっている事は良くある話です。

殆どの場合、以前より敷地境界線からセットバックして建物を建てなければならない場合が多くあります。

全く同じ位置に計画出来ない場合もありますので、注意しましょう。

空き家解体の前にはお神酒をまく

空き家を解体する前には、建物のねぎらい等の意味を込めてお神酒をまくようにしましょう。

心機一転、新しい建物への気持ちの切り替えも出来ます。

以前の建物と似たような間取りになってしまう場合もある

住み易さを重視してプランを立ててみると、以前の建物と間取りが似ている、と思う事があります。

これは、居室を南側メインに持って行った証拠です。

居室は南側に持って行くのが鉄則であり、日当たりの良さを考えるとどうしても同じような間取りになってしまう事があります。

ご自分の親が住んでいた空き家を建て替えるのは、子供としてとても良い事です。

放置していつまでも残しておくのではなく、建て替えて活用する事を考えてみましょう。